忍者ブログ
2017 / 10
≪ 2017 / 091 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2017 / 11 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



家には、PowerMacintosh G5(Dual 2GHz)をメインマシンとしているが、会社ではご多分にもれず、DOS/V機(って最近は呼ばないか)である。会社の仕事を時々家でせざるを得ないことがあるが、両方ともMS Officeを使っているので、出来なくはない状態である。
最近はOfficeもWin/Mac版でレイアウト、フォントなどのズレは無くなったとはいえ、パーフェクトな互換とはいかない。また、会社ではセキュリティ機能を持ったUSBメモリの使用が義務化されてしまい、これがMacOSでは解除出来ない。今は、Virtual PCで解除して、ファイルをMacOS側へ移し、それをMac版のOfficeで編集しているという状態。しかし、Mac OSも最新のMac OS Leoperdに移行してしまうと、Virtual PCが使えなくなってしまう。MacがIntelのCPUならWinを実行できるが、これも出来ず。
いっそ、Macを更新する手もあるが本体更新のみならず、ソフトもユニバーサルバイナリ版に更新する必要があり投資が大きい。だったら、安価なWin機を買おうということで現在ノートPCを物色中というわけだ。

Macの場合、OSはただ一つ。HomeだのPremiumなどない。しかもCPUバージョンも1つか2つしかない。古いMacに最新のOSをインストールするなら別だが、少なくとも買う時点で「CPU能力は十分か」など気にする必要はない。だが、最近のWinはこの辺が複雑だ。
安い機種を探せば必ずCeleron又はその相当品となる。一方で、Winの最新OS Vistaは、Core2Duo推奨などの記事も多い。更に悪い組み合わせだと、Celeron+Premiumの組み合わせもある。Premiumはエアロという表示機能を持つがCPU負荷が高いらしい。当然パソコンとしてもパフォーマンスは落ちる。
この辺はOSメーカーとハードウエアメーカーが別だから仕方ないのかもしれないが、いつまでたっても、消費者は買った後にガッカリという状況は続くのであろう。

さて、僕のPC選びだが、コストパフォーマンス重視で、近所の電気屋にあった見切り品のVAIOを検討していたが、義弟のアドバイスもあって、Vista+Core2DuoのDynabook Sattelliteにしようかと思案中である。Office使いだけには少々もったいないが、ちょっと先を見てコレにしようかと思う。値段差3万円。サブ機だけに、この3万の差は少々大きい。
PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31